紫外線で目も日焼けします!驚きの影響も!飲む日焼け止めで対策

実は目も日焼けをするんです!

目,日焼け,対策,紫外線,飲む日焼け止め

目の紫外線対策ってやっていますか?
 
実は、目も紫外線を受けると、
実は肌と同じように日焼けするんです!
 
日焼けしても目が小麦色になることはありませんが、
いろいろな悪い影響が出てきます。

 

(影響1)角膜が炎症を起こします。

 

目の角膜や水晶体といわれる部分は目を紫外線から守る役割がありますが、紫外線を浴び続けることによって、例えば次のよう症状が出たりします。

 

目,日焼け,対策,紫外線,飲む日焼け止め

  • 目が充血する。
  • 目が乾燥する(ドライアイ)。
  • 眼精疲労が起きる。
  • 目が痒くまる/痛くなる。
  • 眩しさに弱くなる。
  • 目がゴロゴロする(異物感がある)。

などなど

 

さらに、紫外線の影響が続くと、「白内障(水晶体が炎症をおこし、白濁し視力が低下したり、視界がぼやけたりする)」、「翼状片(白目の部分の細胞が増殖して黒目に侵入して目がゴロゴロしたりする)」といった眼病を引き起こします。

 

 

(影響2)なんと!肌の日焼けにも影響します。

 

目,日焼け,対策,紫外線,飲む日焼け止め

目が紫外線を浴びると、意外なことに直接関係ない肌を黒くすることが分かっています。これはびっくりですよね。これは、目の細胞が紫外線でダメージを受けると、脳が肌を守ろうとメラニン色素を作る信号を出すためです。服を着ている部分の肌でも日焼けで黒くなる可能性があります。

 

紫外線から肌を守りたいなら、目もしっかり対策しないといけません。

 

日焼け止めは塗れない目の紫外線対策はどうする?

目の紫外線、日焼け対策も肌と同じように、目の外側と内側からの両面作戦が効果的です。

 

目の外側の紫外線対策はサングラス&帽子

 

目,日焼け,対策,紫外線,飲む日焼け止め

目には日焼け止めを塗ることができせん。その中で、直接に目に入ってくる紫外線の対策にはサングラスが有効です。ただ、どんなものでもよいというわけではなくて、UV対策の機能が付きのものを選んでください。色が黒くても、その機能がないものもありますので、注意してください。

 

サングラス選びの際には、次のいずれかの表示を確認ください。表示のないもの紫外線カットはしません。

 

紫外線カット率○○%(数字が100%に近いものほど良いです)

紫外線透過率○○%(数字が0%に近いものほど良いです)

UV400(波長400以下の紫外線をカット=紫外線全部を通さない)

 

メガネやコンタクトレンズにもUV対策のものがありますので、こうしたものを普段から使うことで紫外線、日焼け対策ができます。サングラスやメガネ以外には、ツバが長めの帽子をかぶることや日傘を差すことも目の対策になります。

 

 

目の内側からの紫外線対策は、「飲む日焼け止め」で

 

目,日焼け,対策,紫外線,飲む日焼け止め

サングラスも帽子も、目を完全に紫外線から守れません。それに、仕事中などずっと身に着けておくというわけにもいきません。そのため、どうしても”スキ”ができてしまいます。そこで、”飲む”日焼け止め(サプリメント)が本領を発揮です。身体の中からの紫外線対策で、その”スキ”を補完してくれます。

 

目,日焼け,対策,紫外線,飲む日焼け止め